基本の「き」知って得するトールペイントの基本

トールペイント専門店ピコット【基本のき・知って得するトールペイントの基本】

トールペイント専門店ピコットが、トールペイントに必要な基本の基本を詳しく解説しています。
【基礎知識】筆について

トールペイントで使用する筆には、様々な種類があります。 それぞれの特徴を理解して、用途に適する筆を選びましょう。
アクリル絵具で描く場合は、ナイロン筆を使用する場合が多く、セーブル・コリンスキーと名前の付くイタチ毛の筆は絵具の含みが良く、オイル絵具を使用するする場合に最適です。

フラット

フルロード(筆の幅を使用)やサイドローディング(シェード描き)、Sストロークなどに使用します。
また、エッジを使ってチズルエッジ(線描き)もできます。グレースと呼ばれる大きな筆は、広い面を塗る際に便利です。

内塗り刷毛

内塗り刷毛は、角度のついた柄で深い箱や狭い内面を塗る際に便利です。
また平面を塗る際も、筆跡が残りにくくとても便利です。

ラウンド

カンマストロークやCストロークに使う、ストロークワークの基本的な筆です。
穂先のまとまりが良く、細部の描き込みや線描きにも使用できます。

ライナー・スクリプトライナー

短軸仕様になっていて、握った時に手が落ち着き安定します。
植物のつるや葉脈などスクロールや細い線を描く時にライナーは欠かせません。スクリプトライナーはライナーよりも毛足が長いのが特徴で、長い穂先にたっぷりと絵具を含ませ長い線を描くことができます。

ライナーやスクリプトライナーの細くデリケートな筆先は、保管時にブラシキャップを使うと保護できます。

アンギュラー

フラット筆を斜めにカットしたような形で、サイドローディングやストロークのバラを描く時に使用します。
また、とがった毛先を利用して角や狭い部分の面塗りにも使えます。短い方を支点にして扇型を描くテクニックもあります。

フィルバート

筆先がやや丸みを帯びいる筆で、フラットラウンドの良い部分を兼ね備えています。
花びらや葉などを自然な形で描く時に使用されます。ぼかしの時などにも筆跡がの残りにくく便利です。

ステンシル

ステンシル筆はトントンとたたくようにして使います。
短い穂先が特徴で、ステンシルシートを使ったステンシルに使用します。他には、動物の毛並みや、木の茂みなどを描く時にも使われます。絵具は少し落として使用するときれいに仕上がります。

スティップル

スティップル筆はステンシル筆よりも穂先が長く、毛並みの柔らかい筆です。
スティップル(点描)用で、トントンと叩くように使用します。動物の毛並みや木の茂みなどを描く時に使用し、ステンシル筆よりも柔らかな仕上がりになります。
やはり、絵具は少し落として使用するときれいに仕上がります。

馬毛モップ

馬毛モップ筆は、ぼかしたい時やスムーズな塗面を表現したい時に使用します。
ブレンディングの最後の仕上げや、アンティーキングの際に使われます。絵具や溶剤が乾く前に表面を軽くなでるように動かします。使用中筆は洗わず、湿ったペーパータオルでまず筆をぬぐって、次に乾いたペーパータオルでぬぐいます。使用後はブラシクリーナーを使ってしっかり絵具を落としましょう。

コーム・フィルバートコーム

穂先が櫛状の筆で、ライナー筆で何度も描いたような線を一度にたくさん描く事ができます。
動物の毛並みや紙の毛を描く時に使用します。特に穂先の長いフィルバートコーム筆はより自然な感じに描く事ができます。絵具のつけすぎに注意しましょう。

ファン

扇状に広がった筆で、毛先にだけ絵具をつけて、木や草、動物の毛並みなどの表現に使います。スパッタリングにも使用できます。

ドライブラシ

腰が強い豚毛を使用しています。
乾いた筆に絵具を取り、ペーパータオルをぬぐってからかすれた感じで、ハイライトやシェード部分に使用します。アクリル絵具、オイル絵具問わずに使う事ができます。

セーブル筆

絵具の含みの良いコリンスキー(イタチ)毛を使用しています。ライナーは短軸仕様になっています。

クリーニング櫛

筆の奥に付着した絵具を落とす時に誌ようします。特に絵具をたっぷり含ませて描いた後の筆洗いに最適です。

| 2013.10.09 Wednesday| このページのURL |
【基礎知識】モデリング剤について

モデリング剤は、凸凹を表現する時に使用する溶剤です。
今回は主なモデリング剤の特徴をまとめてみました。

色々な表現が可能

モデリング剤の形状や柔らかさは様々ですが、効果も様々で、漆喰風のテクスチャーを作り出したり、布のボアなども表現できます。また、クリスマス作品には欠かせない星や雪、サンタのひげなどの表現にも使用します。
また、立体的に描くことができたり、細い線を描く事ができるようにペンタイプになったものもあります。

モデリング剤には好きな色に絵具を混ぜることもでき、乾燥後に絵具で色を付ける事もできます。また、柔らかいペースト状のモデリング剤は、ビニール袋の角を切ってチューブ状にし、絞り出すことができます。


ベースに漆喰のような質感を出した作品
【R10-1401】多田かよ子デザイン「こっち見て」

テクスチャーペースト

柔らかなペースト状で、筆などで塗ることもできます。またスポンジを使ってエッグシェル状にすることもできます。
表面の凹凸感をだすだけでなく、木目の小さな穴やキズを充填する場合などにも使用します。水分が多い分、乾燥後は少し縮みます。

ホルベイン モデリングペースト「ハイソリッド」 (白色)
【AM-442】ホルベイン モデリングペースト「ハイソリッド」 (白色)

デコレーティングペースト

ホイップした生クリームのようなキメの細かいクリーム状です。絞り出した場合、本物の生クリームのように絞り出した形状のまま維持します。絵具を混ぜる際は20%までの割合で混合してください。

ホルベイン モデリングペースト「ハイソリッド」 (白色)
【AM-442】ホルベイン モデリングペースト「ハイソリッド」 (白色)

雪を作るモデリング剤

雪を作るためのモデリング剤は、それぞれ粒子の大きさが違います。

商品写真 商品名 特徴 キラキラ度と粒子の大きさ 詳細写真
スノーテック
【DAS-9-2】2oz.
降り積もった雪やテクスチャーとして細かい凹凸感が出せます。
木製品、紙布など色々な素材に。
キラキラ
☆☆☆☆
粒子
★★★☆
スノーライター
【DS-65C】
ペンタイプのスノーテック。より細かな表現が可能です。 キラキラ
☆☆☆☆
粒子
★☆☆☆

★の数が多いほどキラキラ度が高く粒子も粗くなります。

モデリング剤使用時の注意点

モデリング剤の表面が乾燥していても、内側はまだ乾燥していない場合があるので、しっかり乾燥させましょう。

仕上げのニスを塗る際に、ニスを筆に含ませ過ぎると、凸凹面で泡立つ場合がありますので注意しましょう。

| 2013.08.27 Tuesday| このページのURL |